So-net無料ブログ作成

肥満の人がリハビリを行うべき理由 [糖尿病]

今回は肥満とリハビリについてです。
肥満は病気かと言われると、即答できない所があると思います。
しかし、肥満が引き起こす合併症を想像するとどうでしょうか?
肥満になると高血圧、脂質異常症などから動脈硬化を起こしやすくなります。
そこから血管に異常がでると、脳卒中・心筋梗塞・PADなどの疾患につながりますよね。
糖尿病もそれに近い考え方をするともう少し患者さんの意識も変わるのではないかと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

反射の意味・重要性について。何のために評価するの? [脳血管疾患]

今回は反射の意味と重要性について考えてみました。
脳血管の患者さんの反射検査をなぜやるのかを学生に聞くと、「錐体路障害の有無を診るため」
と答えますが、それだけで終わりにしてよいのでしょうか?
反射の意義をみると、姿勢筋緊張や動作時筋緊張も理解しやすくなっていくるため、まとめてみました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

通所リハビリのプログラムをどう設定するか [介護保険]

今回は、通所リハビリの利用者さんにどんなプログラムを提供できれば効果的かを考えてみました。
全ての方に当てはまることではもちろんないですが、
こんな考え方もあるんだなと思って見ていただければと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

通所リハビリは周何回通えばいいの? [介護保険]

通所リハビリにはいろいろは利用者さんが訪れます。
よく聞く質問に「週何回通えばいいですか?」とご家族に聞かれることがちょくちょくあります。
回数に関しては、身体機能の問題以外にも社会的背景など、様々な要因が考えられますが、
今回は身体機能にフォーカスを当てて考えてみました。
私はこの質問に根拠を持って答えられるようになりたいと思い、調べてみました。
あと、90才以上の方も珍しくないなか、超高齢者に対する通所リハビリの効果について考えてみました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

通所リハビリに効果はあるの? [介護保険]

今回は通所リハビリの効果について考えてみました。
通所リハビリに配属された1年目のPTの方は、
まだまだ右も左もわからない状態で仕事に向き合っていると思いますが、
集団体操やったり、短時間のベッド上の運動療法をやったりしながら、
ふと、自分のしていることは本当に意味があるのだろうか、これでいいのだろうかと思い悩む時があると思います。
急性期や回復期は良くも悪くも効果がわかりやすいのですが、維持期はなかなか変化に気づきにくいと思います。
そんななかで、維持期のリハビリに対する考え方や、今後の参考になればと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

糖尿病患者の運動はなぜ続かないのか? [糖尿病]

糖尿病患者さんが自己管理をどれくらいできているかご存じですか?
ここに食事療法、運動療法、血糖自己測定、服薬、インスリン自己注射という、5つの行動があります。
それぞれの実行度は・・・

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。